ERP

FUTUREONE ERP(NewRRR)販売モジュール

日本の商習慣に対応した販売管理・債権債務管理

充実した債権債務管理機能

充実した債権債務管理機能

売上伝票単位での回収管理で売掛金月齢管理と未回収管理を実現します。債権消込の操作性も向上し、手間をかけずにハイレベルな債権管理を実現します。

柔軟に締日や回収方法の設定が可能

取引先ごとに、複数締日や締日に合わせた回収日、回収方法の設定が可能です。

債権債務での取引先の一元管理

債権(売掛金残高+受取手形未決済残高+仮受金残高)と債務(買掛金残高+支払手形未決済残高)を相殺した額で与信を確認可能! 得意先と仕入先を統合管理することで与信管理も万全です。

販売管理と会計帳簿の在庫管理を両立

「販売可能在庫(=数量)」と「資産としての在庫(=金額)」という異なる業務ニーズに基づく在庫管理を両立しています。

将来の在庫推移を一目でチェック

製造、購買、営業の各部門に分かれている入出荷予定情報を一元管理することで、将来の在庫推移が一目でチェックできます。

受注ライフサイクルの管理

受注No.をもとに製造、出荷、請求、回収までのどの過程にあるかを一目で把握。出荷漏れ防止や納期問合せにスピーディな対応を実現。

FUTUREONE ERP(NewRRR)生産モジュール

ERPの活用で楽々製造進捗管理

製番、個別受注、繰り返し生産など多様な生産管理に対応

ロットトレース対応

顧客からの問合せやクレームに対して製造過程を確認する事が可能。また、入荷ロットから影響する製品への逆検索が可能。

緊急製番

緊急製番対応機能により客先からの希望納期へ迅速対応。

併用可能な製番管理とMRP

製番管理からMRPへ。併用運用により、無理なく移行することが可能です。現場にもスムーズにERP導入を実現。

複数工場対応

工場単位に部品購買から製造までを一貫して行うことが可能。

エクスプローラ感覚で部品構成を登録

煩雑な部品構成マスタ登録の手間を抜群の操作性により大幅に省力化。

製造予実管理と工程負荷

緊急製番対応機能により客先からの希望納期へ迅速対応。

将来の在庫推移を一目でチェック

製造、購買、営業の各部門に分かれている入出荷予定情報を一元管理することで、将来の在庫推移が一目でチェック。

きめ細かな原価管理

見込生産、個別受注生産というそれぞれの生産特性に応じた原価計算。適正な製品評価と損益計算を実現。

制度会計に準拠した実際原価計算

作業指示書単位の直接賦課に加え、コストドライバーに基づく作業区単位の間接賦課により原価を計算。

FUTUREONE ERP(NewRRR)会計モジュール

財務会計・管理会計

上場企業及び上場を目指す企業のための会計システム

レイアウトを自由に変更できる財務諸表

経営状況に応じた情報をタイムリーに出力することで、意思決定に要する時間を大幅に短縮。

きめ細かく柔軟に設定可能な自動仕訳

取引区分 及び 品目グループ単位に自動仕訳パターンを設定します。それにより、現場データ(売上、入金、仕入、支払、棚卸、手形から、有償支給、消費税差額や売掛債権整理まで)から経営に有益なデータをリアルタイムに収集。標準で140パターンの仕訳を備えています。

「財務報告の信頼性」をシステム的に担保

財務諸表からドリルダウンして、その原因となった個々の取引事実を特定可能。システム的に不正を防止し、経営者がコーポレートガバナンスを確立していくための基盤を提供し、内部統制の主目的の「財務報告の信頼性」を確保します。

財務報告の信頼性
手間のかかる付替処理も一括振替

水道光熱費や賃借料などの手間の掛かる付替処理も、部門毎に付替率を設定すれば月末で一括で各部門に振替仕訳を起こします。簡単操作で部門別の損益の向上が図れます。

仮想組織体系によるきめ細かな損益管理

実在する組織だけではなく、仮想組織として製品群や地域などを設定することで、製品群別、地域別などの損益管理を行うことも可能です。実態組織とは異なる損益単位を通じて多角的に損益状況を把握することで、経営判断の選択肢を大幅に拡大できます。

豊富な管理会計資料

財務諸表の部門別分析や時系列分析、科目別予実対比などを通じて 経営に役立つ的確な意思決定をサポートします。

会計帳票出力のセキュリティ機能

部門毎に出力可能帳票を制御しています。部門別損益計算書などの会計帳票が各部門で出力可能です。

連結月次決算を実現(オプション)

NewRRRだからこそ連結に必要な業務データをすばやく入手。連結財務諸表の科目は、各連結会社の科目体系にとらわれることなく自由に設定可能です。

FUTUREONE ERP(NewRRR)貿易モジュール

国際競争力の強化と全体最適化を強力に支援します。

販売・生産・貿易情報の一元管理を行い、輸出入業務のローコスト化とスピードアップを実現します。

各種マスタの一元管理

国内標準システムの品目マスタコード、取引先マスタコードでの一元管理

通貨管理機能

多通貨管理(社内レート、TTB/TTS/TTM対応)

為替予約管理

為替予約したレートを輸出回収入力において、外貨建債権の回収時のレートに、又は、 輸入支払入力において、外貨建債務の支払時のレートに引当てることが可能です。

債権債務管理

外貨建債権管理、外貨建債務管理

DEBIT NOTE、CREDIT NOTE発行

入力されたデータは売掛/買掛区分が売掛であれば回収入力に連携し、買掛であれば支払入力

債権・債務の期末再評価

緊急製番対応機能により客先からの希望納期へ迅速対応。

将来の在庫推移を一目でチェック

製造、購買、営業の各部門に分かれている入出荷予定情報を一元管理することで、将来の在庫推移が一目でチェック。

きめ細かな原価管理

見込生産、個別受注生産というそれぞれの生産特性に応じた原価計算。適正な製品評価と損益計算を実現。

制度会計に準拠した実際原価計算

作業指示書単位の直接賦課に加え、コストドライバーに基づく作業区単位の間接賦課により原価を計算。

株式会社アスク ページの先頭へ